2011年10月06日

そっか!循環だ!


久々の更新です。


こないだ、パートナーとの会話の中で、ふとあることに気づいた。


シックスナインは循環だ。



お互いに気持ちよくしてあげようとすることで自分が気持ちよくなる。




宇宙はすべて循環だ。


地球も循環だ。


人生も循環。



すべてが循環。




いや、セックスそのものだって、
お互いに気持ちよくすることで自分が気持ちよくなるんだから、
そういう意味では循環だ。

そして、往復運動という循環の末、
射精という「陰」と、受精という「陽」が起こって新しい命が生まれる。


もう、循環以外の何物でもないな。



シックスナインしてるところを横から見たら、陰陽のマークそのものだもんな。





と、ちょっと気づいたので興奮気味に書きなぐってみる。



 
posted by wako at 01:01| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

豪快・野蛮・下品な男。


久々の更新です。


先日、ウォシュレットを使う男がとても多いことに嘆く、
金原ひとみさんのコラムが、ちょっとした話題になっていた。



ささやかな大論争/「男のシャワー付きトイレに幻滅」で分かった女の真実

◆本音のコラム・金原ひとみ─女の幻想

以前、付き合っていた彼氏がウォシュレットを使っていることを知り驚いた私は、
ウォシュレットを使うか否かのアンケートを友達に実施した事があったのだが、
使うと答えたのは9割方男だった。

「何で使うのか意味が分かんない」、というのが女性の大半の意見で、
男性は「ウォシュレットをしないとトイ
レは終わらない」「俺は現代人だから」
「海外などでウォシュレットがない時はシャワーを浴びる」などという意見まであった。

痔(じ)にな
りやすい、あるいは肛門の位置関係など、
男女の機能差もあるのかもしれないが、この結果を知った時、
私は男性に対するある種の幻想が崩れていくのを感じた。


もちろん、清潔な男が好きという女も多いだろうが、

私はどこかで、男には「豪快・野蛮・下品」であって欲しいと、
少しくらいウンコの拭き残しがある方がむしろいい、と思っていたのだ。



男が「これ賞味期限大丈夫?」と聞いたり、ゴキブリを見て跳び上がったりするのを見ると、
やはり私は残念な思いがする。

だがこの幻想の崩壊は、これまで男性が抱いてきた女性像から、
女性がかけ離れていった見返りとも言えよう。

女も男も異性による幻想を打ち消し、本音を吐くようになったら、
もうそこに女と男を結びつけるものは微塵(みじん)も存在しないのかもしれない。─(東京新聞10月21日)

http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG8/20101101/104/



まぁ、ここでいうシャワー付きトイレの話題は、ひとつの例えに過ぎないとは思うんだけども、
ウンコの拭き残しは極端だったとしても、男は豪快な方がいいというところは、
たしかに一理ある。



最近、「草食系」ってもう聞かなくなってきたけど、
それを通り越して、女装男子を称する、
「男の娘(おとこのこ)」って言葉をよく目にするようになった。


otokonoko.jpg

これは、最近超カワイイと話題になっている、中国の男の娘。

いやー、言われないと、
いや、言われてもわかんないな。信じらんねぇ。


ここまで来ると、倒錯の世界を通り越して、人類滅亡へのカウントダウンって感じか?

だって、こんな人が増えたら、子孫を残せないじゃん。




世の中のこんな状況を見ると、
金原ひとみさんがウンコの拭き残しくらい大目に見たくなるのもわかるよ。うん。



男は少しぐらい、豪快・野蛮・下品な方がいいのだ。


と書いている、ウォシュレットヘビーユーザーのわこうです。


みなさんよろしくお願いします。

 
ラベル:エッセイ
posted by wako at 21:55| Comment(1) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

頑張れ!中年!

bimajo.jpg

ちょっと記事を書いてみたくなったので、久々の更新。


国民的 美魔女 コンテストっていうのが開催されている。
美少女コンテストの中年版といったところか。


ソース元の記事はこちら。


ソース元から抜粋

美しい40代がニッポンをアゲる! 国民的“美魔女”コンテスト開催

美しい40歳を応援するファッション雑誌「美STORY」が、創刊1周年を迎え、
美しき大人の女性によるコンテスト「国民的“美魔女”コンテスト」を開催
しています。
全国から選び抜かれた20名の“美魔女”達がエントリーしており、
一般ユーザーからの投票でグランプリが決定します。

 “美魔女”とは顔、肌、プロポーション、ファッションセンス等「外見美」と、
知性、母性、感性等「知的美」を持ち合わせた、「才色兼備」な女性の事。

日本の女性達に「もっと胸をはって生きられる、着飾れる、社会に出られる」と
自信を持ってもらう事を目的としています。



だそうだ。


それに対し、2ちゃんの反応はというと、



4: 負けを認めろ(三重県):2010/08/24(火) 11:51:55.71 ID:kWImh8fP0

吐き気を催した


7: タンタンメン(兵庫県):2010/08/24(火) 11:52:23.07 ID:5kJIDnLZ0

加齢臭きつそうだなおい


8: 芸能人(dion軍):2010/08/24(火) 11:52:50.61 ID:9a16sqPIP

おええええええええええええええええええええ


15: SR-25(愛知県):2010/08/24(火) 11:54:21.80 ID:HF/PNIqK0

誰得


17: 画家(アラバマ州):2010/08/24(火) 11:54:59.86 ID:J1JrwIOEP

お断りします
  お断りします
   ハハ ハハ
   (゚ω゚)゚ω゚)
  /  \  \
((⊂ )  ノ\つノ\つ)
   (_⌒ヽ ⌒ヽ
   丶 ヘ | ヘ |
εニ三 ノノ Jノ J


20: サッカー審判員(山口県):2010/08/24(火) 11:55:19.59 ID:MeEGZW2W0

恥を知れ!


21: コピーライター(大阪府):2010/08/24(火) 11:55:33.39 ID:o5V4xJ0p0

美老婆でいいじゃん


6: 税理士(宮崎県):2010/08/24(火) 11:52:21.03 ID:OoPduHob0

>  “美魔女”とは顔、肌、プロポーション、ファッションセンス等「外見美」と、知性、母性、感性等「知的美」を持ち合わせた、
> 「才色兼備」な女性の事

知性を持った女はこういう場に出ないと思います^^




と、こんな感じだ。


確かに、2ちゃんユーザーの年代からすると、
ヘタすりゃ自分のおふくろさんかそれ以上の年代のエントリーもあるだろう。

上のような反応も出て、まぁ、当たり前といえば当たり前か。



だけどもさ。


まぁ、俺がこのエントリーをしている人たちとほぼ同世代っていうのもあるけど、
俺は、こういう取り組みは大事だと思うなー。


今の、10代、20代の人たちの事はあんまりよくわかんないんだけども、
やっぱり男は女がいるから燃えるもんだと思う。

この、暗いニュースばっかりの世の中、
世のお父さんたちを元気にするのに、やっぱり女性の力は大きいと思うんだよなー。


そんな中で、アラフォー、アラフィフの女性たちが、ガンガンとキレイになって、
お父さんたちがカッコイイとこ見せようと頑張る。



文明がどんなに進化しても、人間本来の本能は変わらないと思うし。



一方、2ちゃんユーザーたちも納得する、
「奇跡の38歳」と言われる人たちも存在する。

その中のひとり、元ジュディマリのYUKIさんなんか、イイ感じだよー。


※韓国の動画サイトからなので、ちょっと重いです。



アラフォー、アラフィフ、頑張れ。

 
posted by wako at 16:57| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

女の本音。


久しぶりの更新です。




俺には現在、大切なパートナーがいる。


が、一昨年の暮れからいろいろあって、俺には現在お金が無い。

今までの人生で一番お金が無い。

笑っちゃうくらいお金が無い。



ってしつこいってか。(笑)



そんな中、いろんな部分でパートナーに支えてもらっているわけだけど、
やっぱり男としても、人としても、申し訳なさや負い目を感じたりする。


だけど、俺が今するべきことは、何かでっかいことをやって一発逆転ではなく、
今あることを最大限に使って、着実に前に進むことだ。


と、思う。


と、いろんな痛い経験をして学んだ。



幸いにして、俺には商売をする場所があり、ご提供できるものがあり、
支えてくれる人たちがあり、友人もある。

ただ金が無いだけだ。



だから、今やるべきことを精一杯やる。

背伸びをしないで着実にやる。


昔いた、ある男性タレントのような、


「俺はBIGになる!」


みたいな、根拠の無い夢は見ない。



夢を見るということは陰。

それに伴う行動は陽。


それが両方揃わないと、陰陽の調和、
いわゆる夢の実現は成り立たないということだ。



だから、根拠の無い夢は、陰だけが増幅されていくわけだから、
ひどい場合は、空想、妄想や、ピーターパン症候群となっていくわけだ。


逆に、辛い現実ばかり見ていると、夢が見られなくなる。
お先真っ暗な感じ。


やっぱり、陰陽の調和があってひとつなのだ。




さて、話は戻って、女性から見た男性に対する本音で、
以下のようなものを見つけた。



女性の男性に対する6つの本音

1.女性はあなたにお金があるかどうかはどうでもいい。
大事なのは現状を変えようと努力しているかどうかである。

2.女性はあなたと一緒
に難題を経験するのはなんとも思わない。
しかし、あなたは問題から逃げずに立ち向かっているだろうか。

3.女性はあなたがかっこいいかど
うかはあまり気にしていない。
あなたが彼女に大きな安心感を与えられればそれでいいのである。

4.女性はあなたと異性の付き合いにもそれ
ほど気にならない。
ただし、あなたがいちずに彼女のことを思えるならば。

5.女性はあなたのプレゼントの値段はどうでもいい。
あなたが喜
ばせてくれるのを待っているのである。

6.女性はあなたの夢・大志がどれほど大きくてもかまわない。
しかし、あなたには誠実に、そして着実に歩んでいってほしいのだ。



元記事はこちら。




なんか、ちょっと救われたような気がした。

女性のみんながみんな、こういうことを思っているわけじゃないと思うけど、
この記事を基準に考えたとき、俺は、
経済的にはまだまだたけど、人として、男として、おおむね間違ってないと思える。



俺のパートナーに、この記事の話をしたら、
本当に愛している相手ならば、まさしくこの通りだと言っていた。


いつもどこか、彼女に対しての負い目を感じていたわけだけど、
必要以上に負い目を感じず、だけどこれにあぐらをかくんじゃなくて、
とにかく着実に前に進む。



人として誠実に生きることが、男の価値でもあるのかなーと。



ボロは着てても心は錦ってな。

 
 
posted by wako at 22:49| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

化粧ってすごいんだな。

化粧っ気のない、ナチュラルな女性も魅力的だけど、
きっちりとメイクした女性も好き。


とあるサイトで見つけた、化粧でこんなに印象が変わるんだよという、
ある意味衝撃的な写真。

ネタ元はこちら。



3459.jpg

3460.jpg

3461.jpg

3462.jpg

3463.jpg

3464.jpg

3465.jpg

3466.jpg

3467.jpg

3468.jpg

3469.jpg

3470.jpg

3471.jpg

3472.jpg

3473.jpg

3474.jpg

3475.jpg

3476.jpg

3477.jpg

3478.jpg

3479.jpg



男もここ一番の時には、カッコつけていくべきだし、
女性も頑張っていただきたい。




しかし化粧ってすごいんだな。

 
posted by wako at 20:33| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

自分の女性性を認めてこそ男。

昔から、「日本男児たるもの云々」といった価値観がある。

俺も以前は、そんな価値観の中で生きていた。



だから、どこか男尊女卑的な立ち振る舞いをして優越感に浸ったり、
他の男、つまり、「他のオス」に自分の力を誇示しようとするわけだ。


が、それは男として、実は半人前なのだ。



マクロビオティックや東洋哲学に触れ、陰陽でいろんな物事を見ていくと、
男の中にも女性性があるんだということを認めざるを得なくなってくる。


自分の女性性を認めてこそ、ひとつの完全な個になるというか。



だからといって、別にナヨナヨしろとか、そういうことを言ってるわけじゃない。

自分の中の、柔らかい部分を認める、受け入れるということだ。



たとえば、花を見て「きれいだなー、可愛いなー」と感じることとか、
時には、目的や結論の無い、とりとめのない話をペチャクチャするとか、
そういう自分もアリだなーって認めることだ。


なにげに、家庭料理をしたり、花を花瓶に生けたりする感性を持ちつつ、
時には自分の女や何かを守るために、
猛々しく吼えたり戦える据わった肝を持つ、
そんなことができる男がカッチョエエなーと思う。




そして、一番大切なのは、「自分は弱い」ということを認めることだ。


「母は強し」とかいう場合を除き、基本的に女性は弱い。

女性は弱くていい。



男は、弱くてはいけない。
だけど、自分の弱さを受け入れられなければ、本当に強いとは言えない。


弱さを受け入れない男は、虚勢を張っているだけだ。
ただの動物だ。



優れた格闘家だって、達観した人はみんな、自分の弱さを知っている。

だから強いのだ。




自分の女性性を認めてこそ、男として一人前なんじゃないかな。

posted by wako at 10:31| Comment(2) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

オスになる。


えー、長いこと更新していなかったんだけど、
最近また、記事を書きたい意欲がムクムクと・・・。

久々の更新です。



男は時として、オスにならなきゃいけないときがあると思う。

たとえば、戦わなきゃいけないときや、
何かを守らなきゃいけないとき。


そして、女性を口説くときだ。




かといって、短絡的に、


「やらせろ〜!」



みたいなんじゃなくて、
本当に心の底から大切に思う、もしくは思いたい人が現れたら、
その女性を「自分の女」にするために、男は気張らなきゃいけないね。


右脳では男の本能を感じつつ、左脳で自分なりのストーリーを作る。
右脳と左脳を目一杯使って、女性のハートを射止めるために戦うのだ。


これは、陰陽の連続だ。


本能、感情的な部分は、動物的なので、陽。
理論的、精神的な部分は陰。

陽の本能は、陰の理論的な展開をするためのガソリンのようなモノだし、
陰によって得た結果や結論は、陽の感情的な部分を刺激するガソリン。


陰陽それぞれがお互いを燃焼させる燃料となるのだ。



たとえば、「会いたいな」「声が聞きたいな」と思う本能的な部分は陽。

「今電話かけたら迷惑かな。」とか
「デートのOKをもらうためにはどこに誘おうかな?」とか、
ストーリーを考えるのが陰。


そして、「よし!このストーリーで行こう!」と決定してインスパイアし、
実際に電話をかける行為の原動力につながっていく。


そんな駆け引きから始まって、
デートするならするで、どうやって楽しませようかとか、
次のデートの約束をとりつけて、わくわくしたりとか、
そんな陰陽が積み重なって、意図した女性の気持ちが少しずつ自分に向いてくる。


そして、体を重ね合ったり、いっぱい会話をしたりして、
信頼や安心感、満足感や達成感を味わい積み重ねていく。


男としての最高の醍醐味だ。


別に女性を軽視したり、モノとして見ているのではなく、
誤解を恐れずに言うなら、やっぱりこれは男の狩りの本能だ。


いい女を、あの手この手を使ってゲットする。
ハードルが高いほど燃えるのが男の本能。


普段は、眠っているオスとしての本能。



最近久しぶりに使いました。




オスの喜びを堪能している今日この頃。

 
posted by wako at 11:52| Comment(1) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

肉食と性欲。

え〜、久しぶりの更新です。
今日は、俺が実際に体験したことを書きます。


マクロビオティックを始めて3年あまり。


以前は、お肉大好きで、焼肉→ビール→焼肉→ビールで、
「カルビなんて女子供の食い物だ。」とか言って、
内臓肉やハラミなんかを食いまくっていた。

生肉も大好きだったし。



そんな俺も、最近はお肉を食べる機会はめっきり減った。



ところで、昨夜、古い友人ご夫婦の家に遊びに行ったんだけど、
樽で生ビールを用意してくれた上、ドーンと出てきた大量のトンカツ。

「ほれ!イッパイ食え!」 と。



下味もちゃーんとついている上に、絶妙な揚げ加減で衣がサクサク。

作ってくれたTさんの愛情をビシビシ感じ、
久ーしぶりに、ボタンがはち切れるくらい腹一杯トンカツをいただいた。


いやー、うまかったー。

つけ合わせのキャベツも腹一杯食べたこともあり、
排泄で頭痛とか出るかなぁと思ったんだけど、大丈夫だった。
やっぱり、心のこもったものはそういうもんだよねー。




さて、一夜明けて今日。


なんだか朝からムラムラ。

こう・・最近久しく感じなかったくらい、激しくムラムラ。



「おぉ・・ちょっとやべぇ。」とか思いながら理性で押さえる。

そのうち、玄米を食べたら、激しい性欲もなんだか落ち着いた。


なんだか自分が動物的・本能的になったみたいな感じだった。




思い返せば、マクロビオティックをはじめる前、
肉ばっかり食べていたときの自分もそんな感じだったなぁなんて考えていた。

なんだか短絡的にムラムラ・ムシャクシャ。


で、お酒だけじゃくて、お肉などの脂でも肝臓を痛める。

肝臓は「怒りの臓器」なので、マクロを始める前の俺は、
短腹で、すぐ何かに対して怒りがグワーッと。

頭に来ると黙っていられないんだよね。


で、人を威圧したり怒鳴ったり。

いやー、今思うと、ホント、社会悪だよね。ここまでくると。(笑)


マクロを始める前の俺はそんなんでした。





お肉を食べて、性欲が無性にグワーッと湧いてくるのもそうなんだけど、
やっぱり強い陽性のエネルギー。


でも、そのエネルギーが、こう・・無節操な感じっていうのかな・・。


それこそ、動物は本能で生きているわけで、
その動物的なエネルギーがグワーッと湧き上がってくるわけです。


ここで必要なのが、精神性という陰性のエネルギーでバランスを取っていくこと。
山村先生の本に、「お肉を食べるときは、たくさんの野菜を食べること」とある。


バランスを考えないでお肉を食べるときに、野菜や穀物を食べないで、
ひたすら肉ばっかり食べる生活を続けたあげく、陰陽のバランスが崩れて、
異常な性欲が押さえられず性犯罪に走ったり、
考えが短絡的・動物的になっていくんだろうなぁ。



なーんて、久々に湧き上がる激情を懐かしみつつ、(笑)
そんなことを考えていた。
ラベル: 性欲 陰陽
posted by wako at 17:19| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロビオティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

台湾のオタクくん2人が美女100人斬りに挑戦。


今、台湾のオタクくん2人が書く、
「百人斬り実行日記」と題したBLOGが人気沸騰してるみたいだ。


とはいえ、百人斬りと言っても、
街を歩く美女に声をかけ、一緒に写真を撮ってもらい、
その模様をブログにアップする、そんな「美女斬り」。


100.jpg
こんな感じで。

ソース元のトレンドGyaoによると、
片方の男子が9月から徴兵されることになり、青春の思い出作りにと一念発起。

7月からスタートして、20日間で71人との撮影に成功した。

しかも、タイトル通り、みんな美女なんだよー。すごいねー。



それが、台湾の大手メディアに紹介され、
現在このBLOGは爆発的なアクセスを誇っているという。

百人斬り実行日記はこちら。





話は変わって、以前このBLOGにこんな記事を書いた。


もっと振られろよ。


うまくいかない恋愛経験が、男を成長させて、人間の幅を作ってくれる。
それがいつか自信につながっていく。


このオタク2人組は、まさにそれを実践したわけだ。
徴兵に行くまでの思い出作りなんて泣かせるじゃないの。


彼らだって、結果的には71人との撮影ができ、
メディアが紹介してくれたという後押しがあってすごいアクセスに至ったわけだけど、
別ソースによれば、最初は失敗続きで、本当に難儀したらしい。


俺は台湾の言葉がわかんないけど、
彼らに寄せられるコメントには「勇気」という言葉が多いことから、
彼らの行動に勇気づけられた人も多いんじゃないかなー。




こういう、未知なるものに挑戦するという気概は、見習いたいもんだねー。

posted by wako at 20:21| Comment(1) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

獣姦と陰陽バランス。

え〜、久々の更新です。

更新ペースは遅いですが、日々ネタ集めは怠っておりませんよ。

あんまりいっぺんに書くとネタがなくなっちゃうので、
少しずつ小出しで書いていきます。(笑)



さて、久々にビックリ仰天ニュースがあったので抜粋する。

以前、獣姦についての記事を書いたが、
そのことを裏付けるようなニュースだ。




4年間で400頭にのぼる牛とセックスしていた53歳の男が逮捕されました。

この男は、ブラジルのAragoianiaに住む掃除夫、Getulino Ferreira Paraizo(53歳)。
供述によると、男は十代の頃にうけた性的虐待がトラウマとなり、人間の女性相手に一度は試してみたもののうまくいかず、以来獣姦にのめりこんでいったということです。

〜中略〜

また彼が牛を襲った現場には必ずといっていいほど、同じメーカーのクッキーの空箱が落ちていたのも逮捕への手がかりとなりました。



ネタ元 HEAVENさん




いやー、なんとわかりやすいケースだろうかねー。


事実関係はわからないけど、単純に考えて、
現場に必ずと言っていいほどクッキーの空き箱があったということは、
4年間で400頭の牛の数だけでも400箱のクッキーを食べたということだ。

すごい陰性だねー。


で、実は、上の抜粋文の表現が生々しかったので割愛したんだけど、
この人、獣姦した牛は、すべて殺害しているのだ。

いやー、恐ろしかー。


ということは、山ほどクッキーを食べた陰性のバランスを取ろうとして、
たぶん相当な量の、肉などの動物性食品を摂取したとも考えられる。


まぁ、どっちが先なのかわかんないけどね。




でも、ちょっと考えてみてほしい。

この人の場合は、獣姦という特殊なケースだから、事件となって表に出たけど、
最近の日本の食生活だって、ファーストフードもファミレスでも、コンビニ弁当でも、
相当量の動物性食品など極陽性の食べ物の氾濫と、
それとバランスを取るための、コーラや缶コーヒー、ジュースなど、
大量の砂糖の極陰性の氾濫。


あんまり変わんないよなぁ・・。


最近の秋葉原の事件なんかも、こういう陰陽バランスの崩れから来てるんだろうね。




ある意味、こういう事件を起こす加害者も、別角度で見ると被害者であるとも言える。

以前、本家BLOGにも、ファーストフードの恐ろしさを記事にした。

その記事はこちら。





だからこそ、食べ物の大切さをもっと訴えていかなきゃ!



と、そう決意させられた事件でした。

posted by wako at 23:35| Comment(1) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。