2008年06月30日

飽きたからどうする?

 

このBLOGを立ち上げてまだ1ヶ月に満たないんですが、
毎日、たくさんの方にご訪問いただき、感謝しております。

それだけ、やはり「真面目なエロ」に関しての話題は、関心が高いんだなぁ
と実感すると同時に、情報を出す側として、ちゃんとした情報を出さなきゃと、
襟を正す気持ちで書いております。はい。




さて、今日はアメリカでのセックスレスについての調査結果の話を。


日本でも最近、セックスレスという言葉はよく聞くようになった。

ニューヨーク・ポスト紙によると、
アメリカでは、推定2000万組の夫婦がセックスレスなんだと。

これは、全米の2000年度の夫婦数約5600万組の35%!

そして、日本でも同レベルなんだって。



ところで、去年、ニューヨークを拠点に活躍する性科学者、

ボブ・バーコウィッツ博士らが、オンライン・サーベイで、
セックスレスの原因を男の視点から4000人を対象に調査を実施したところ、
約7割が「飽きた」という内容の答えだったと。


まぁ、シンプルと言えばシンプルな結果・・。

女性側からすれば失礼極まりない話だねー。これって。




が、しかし、日本でも飽きるというのは、昔から多かれ少なかれあったと思う。

倦怠期っていう言葉もあるし。



ここからは俺の超個人的な見解・仮説なので、軽ーく読み流してください。


今は、昔ほど我慢がきかなくなっちゃってるような気がする。

メディアの発達に伴い情報が多くなって、パートナーに飽きたことへの罪悪感も、
「あぁ、自分だけじゃないんだ。」って思うことで、なんか軽くなったような気がする。

「赤信号、みんなで渡れば恐くない」の心理。


それに加えて、アメリカはやはり主食がパン文化なので、
水穀が主食の文化と比べて、思考が拡散しがち。


だから、「飽きた」という時点で、他の異性に目が行ったり、
パートナーに関心が行かなくなったりする。


もちろん、「なぜ飽きたか?」っていうことも大切なんだけど、
もっと大事なのは、「飽きたからどうするか?」っていうことなんじゃないかなぁと思う。

一昔前の日本のお父さんお母さんたちは、倦怠期になったら、
道具を使ったり、ふだんと違うシチュエーションでセックスしたり、
そんな努力をして倦怠期を乗り切ったという話を聞いたことがある。

まぁ、どこまで本当かはわかんないけど。


でも、こういう気持ちが大事なんだと思うんだよね。


今は、日本も食べ物が欧米化してパン食になってきているから、
思考が拡散したりして、陰性化してるんじゃないかなぁ・・。

目の前にある問題を直視したくなくて逃避する。
もう一歩深く考えるということをしない。
すぐに他に関心が行っちゃう。


お米をしっかりと食べていたら、
もうちょっと粘り強く取り組めるんじゃないだろうか?


そして、飽きたことをも克服できるんじゃないだろうか?






なーんて、俺なりの仮説を立ててみたんだけど、皆さんどう思いますか?


 
posted by wako at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

男の押しと女の受け入れとお米。

 
ウチの生徒さんやお客さまなど、まくろび庵関係者の中には、
モデルさんみたいにキレイな人、お嫁さんにしたいランキングに入りそうな人なのに、
彼氏いない歴が長い人がたーくさんいる。

ホントもったいない話だ。



で、マクロビオティック業界(?)全体的に言えることだけど、ほとんどが女性。


マクロビオティックが、食事法や調理法だけじゃないということに気付いた人は、
どんどんと、自分を内観していく。

内観していくから、どんどんピュアになって、
マクロを切り口に、やがてスピリチュアルな領域と繋がっていることを感じていく。


正直、そういう域に意識が達してしまった人と、
同じ目線で話をすることができる男は少ないと思う。


俺は、13うさぎちゃんとこれだけ長い時間一緒にいても、
彼女のスピリチュアルな話には、初歩的なことはついていけても、
最後はチンプンカンプンだもん。

ある一定以上は、もう関心すら湧かない。



女性は陰性のエネルギーだから、
精神世界やスピリチュアルな方向に関心がいく。

一方、基本的には男性は陽性エネルギーだから、
「仕事」という超現実なことに関心がいきがちだから、
基本的には話がかみ合わなくて当然だ。




ところで、それを差し置いたとしても、女の子を口説くのに、
最近、押しが足りない男の話をよく聞く。

玉砕覚悟でもなんでも、もうちょっと押してみたらいいのに、
傷つくのを恐れてそれをしないで引っ込めてしまう。

ホントもったいないねー。




だけど、女性には、そんな男子を、あんまりドン引きしないで、
もう一つ大きなところで包み込んであげてほしいと思ったりする。(笑)



マジな話、男も女も、表層的なところに囚われすぎてるような気がする。

何をしたとかされたとか、これが足りないアレが足りないじゃなくて、
もう一歩踏み込んだところを見るというか・・。



男も女も、その人の本質じゃなくて、局所ばかりに目がいくってことは、
パンや焼き菓子の食べ過ぎか?

ミクロ的じゃなく、マクロ的な視野で行こうよ。


なーんて思ったりする。




小麦も上がったことだし、自給率が騒がれてるし、
日本人なんだからお米食べよう。

 
posted by wako at 21:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

無排卵月経。



先日書いた記事への、kayoさんからのコメントに、
無排卵月経について素朴な疑問があった。

その記事はこちら。


一応、俺なりの解釈はコメント欄に書いたけど、
先日、山村慎一郎先生がいらっしゃったので、聞いてみた。



先生曰く、

「無排卵月経は、女性ホルモンの分泌不全で起きる場合が多いので、
陽性になりすぎているケースが多いと思いますね。」


とのことだった。


さらに先の記事を補足も兼ねて言うと、

排卵も排泄なので、女性は定期的に卵子という陽性のものを排泄することで、
女性としての陰性を保ち、
男性は精子という陰性のものを放出することで、男性としての陽性を保つ。


のだそうだ。


なので、閉経すると、とたんに男性化したようになっていく人がいるのはそのためだと。



女性の陽性化、男性の陰性化にはいろんな原因があると思うので、
追々またいろんな角度から記事にしていこうと思う。


kayoさん、おかげで俺も勉強になりました。

ありがとうございまーす!

 
posted by wako at 11:47| Comment(1) | TrackBack(0) | マクロビオティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

もっと振られろよ。

え〜、このBLOGを立ち上げて以来、
なんだか昔話をするのも恥ずかしくなったりして、
立ち上げて良かったのか、良くなかったのか、ユラユラ揺れる男心。

俺、素性も公開しちゃってるし、
ハッキリ言って、皆さんにケツの穴まで見せる覚悟で書いてますよ!

夜に書いたラブレターを朝読み直して、「うわー・・。」みたいな。(笑)



でも、俺が書いたこんな記事でも、
きっと誰かのお役に立っているに違いないと、そう信じて書いています。





さて、まぁ、昔からもあったんだろうけど、
最近特に、恋愛ベタなヤツらが多いねー。


こう・・傷つくのがイヤで、踏み込もうとしないんだな。
これは、恋愛だけじゃなくて、一般的な人間関係にも言えることだけど。


精神的にもろいっていうか、弱いねー。



俺は、今までたくさん恋愛してきたけど、振られた数もハンパじゃないよ。

こう・・性格的に惚れっぽいのね。


そして、大失恋を何回か経験して、
そのたびに身を裂かれるような痛みを経験するんだけど、
また懲りずに人を好きになって、また振られて・・・


失恋は、ある意味、若くして経験できる唯一の挫折だと思うんだよねー。


そういう挫折を何回も経験して、痛みを体に刻み込んでいくから、
自分が惚れた女性が自分を愛してくれる幸せを、なお一層感じることができる。


と、思う。



ところが、最近は、傷つくのがイヤだからって自分の殻に閉じこもっちゃったり、
コミュニケーションの一歩が踏み出せなくて、コミュニケーション下手になってったり、
リスク回避の傾向が、まぁ強いこと強いこと。




で、俺は思う。

人を、特に男を弱くするのは、陰性の食べ物、
やっぱり「砂糖」なんじゃないかと。


お菓子や清涼飲料水の蔓延、
特に最近は、少年スポーツクラブや学校に、メーカーが試供品をばらまいて、
子供のうちからリピーターにさせちゃおうっていう経営戦略。

マク●ナルドと変わんない。


その犠牲になっているのが子供だ。


そんな、子供のうちから砂糖ばっかり取らされて、
どんどん打たれ弱くなっていく。


体やココロが冷えるのなんて当たり前だ。




でも、恋愛はそれを凌駕する力がある。


とある宗教では、

「恋愛は神が人間に与えた最高の喜び」

みたいなことを言っている。




もっと恋愛しろ!そして、もっと振られろよ!男たち!




その振られた痛みが、自分を強く、大きくしてくれるんだよ。
posted by wako at 21:37| Comment(5) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

男の生理、射精。

 
男は女に比べて、体は黒く固くガッチリとし、陽性だ。

だから、内面にある、白い「精子」という陰性のものを、
外に出す、射精という陰性の行為をするのだそうだ。


一方、女性は体は男性に比べると陰性。
だから、「卵子」というとても陽性のものを体内に持っている。


それで男女の陰陽バランスが取れるのだという。




女性の生理現象として、「月経」があり、「排卵」というサイクルがある。


男の場合の生理現象は、やはり「射精」だ。


男の場合は、定期的なサイクルなんて無くて、
毎日でも、場合によっちゃ、1日に何回も射精できる。

だから、種馬のような陽性の強い男は、
陰性である精子をたくさん体外に放出してバランスを取るわけだ。


なんか、精子って「陰性〜ぇ・・。」って感じするよね。
ニオイもなんだか脱力系だし。(笑)



俺も初めて射精したときは、



「なんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」




って感じで、病気になっちゃったのかと思った。わははー。




で、射精の話になると、俺の小学校の担任の先生が、
昔話してくれたことを今でも思い出す。


先生曰く、夢精したことで、自分は病気になってしまったと本気で思いこみ、
自殺してしまった大学生がいたと。

その人の住んでいた部屋の押し入れから、
夢精で汚れた大量のパンツが発見されたんだって。



そこで、担任の先生が、

「もしもウチの担任のこの中から、
射精したことで、自分が病気になったと思うような子がいたらイカン。」

と、あえて性教育の時間を作ってくれたというわけだ。



今思うと、つくづくいい先生だなーと思う。



親子関係すら希薄だといわれている昨今、
家庭のオヤジたちは、キチンとそういうことを教えるべきだよ。
ちんちんの皮のむき方を教えたり。



と、ちょっと性教育を語ってみた。

 

 
posted by wako at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

食べたもののようになる。



マクロビオティックの考え方のひとつに、

「食べたもののようなる」

という考え方がある。


たとえば、肉を食べ過ぎれば猛々しく動物的に、
乳製品を摂りすぎれば、色白で動作がのんびり緩慢に、
パンばっかり食べ過ぎれば、考えが分散してまとまらないとか。


かといって、そういったものを「食べてはいけない」のではなく、
「偏り過ぎちゃいけない」ということだ。

マクロビオティックは、バランスなわけで。



ところで、俗に言う「アキバ系」と言われたタイプの人の中で、
リアルな大人の女性に感心が持てず、(実際はあるのかもしれないが)
いわゆるロリコンや、最近は、アニメやゲームのキャラに真剣に恋して、
「嫁」とか言い出す奴らがいる。


「もう、二次元の女の子にしか恋できない・・。」とか。

そして、そういうキャラクターのフィギュアとかでハァハァやっているのだ。



でも実は俺も、一時期、軽い鬱になって、一日中ゲームしまくってた時期があって、
こういう奴らの気持ちも理解できる。

さすがにフィギュアでハァハァはしなかったけどね。


こう・・気持ちが外に向かないというか、
家を出たり、誰かと会う約束する電話をすることすらおっくうなって、
意識が内側へ、内側へと行ってしまう。

自分では、これじゃダメだと思っていても、
どうしても気持ちが外に向かない。


そんなとき、俺は何を食べていたと思いますか?
また、リアルな恋愛ができない奴らが、ふだん何を食べていると思いますか?













レトルト、カンヅメ、カップラーメン。


どれも、それが入っている容器の中で完結する食べ物。


「食べたもののようになる」という考え方を当てはめたら、
気持ちが外を向かなくて当たり前だ。



美味しんぼ 101 (101) (ビッグコミックス)美味しんぼ 101 (101) (ビッグコミックス)
花咲 アキラ

小学館 2008-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
しかも、美味しんぼの101巻にも書いてあるように、
カップラーメンなんて、添加物で作ったバーチャルな食べ物だから、
バーチャルなものが性の対象になったり、
ゲームと現実の境目がわからなくなるんじゃないだろうか?


と、俺は思う。



思い返せば、レトルトもカンヅメもカップラーメンも、
保存食として大量にストックできるから、ついつい買いだめしちゃったんだよねー。

でも、そういうものを常食していた時期があったからこそ、
今、食の大切さを身を以て訴えることができる。

俺が鬱になったことも含めて、何一つ人生に無駄は無いんだな。





ところで、そういう意味では、マクロビオティック●日間セットなんていうレトルトって、
どうなんだろうねー。実際。



俺はイヤだな。個人的に。


 
posted by wako at 00:52| Comment(1) | TrackBack(0) | マクロビオティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

同性愛と獣姦。

イスラム圏では、同性愛はタブーとされ、重罪なんだそうだ。
ネット上には、そこから来る虐待や処刑の様子なんかがよくアップされている。

さらに、動物と性交する、いわゆる獣姦も、結構あるんだねー。


馬や豚、犬、猫、鶏・・・


先日も、どこかの国で鳥と交わって逮捕された男がニュースになってたっけ。




ところで先日、久司先生の20年くらい前の講演会ビデオを見ていたら、
同性愛や獣姦について語っていた。


男の人が、甘いものを食べ過ぎたりして陰性に陰性に偏っていくと、
陰陽のバランスが崩れて、同性愛になってしまう。

逆に、女性がお肉などを食べ過ぎて陽性に陽性に偏っていくと、
やはり陰陽のバランスが崩れて、同性愛になってしまう。


さらに、男性がもっと陰性になると、
毛むくじゃらのもの、つまり動物に性欲が湧き、獣姦に走る。

女性がもっと陽性になると、
冷たくてヌルヌルしたもの、つまり、は虫類、蛇にセックスアピールを感じる。



というものだ。


しかも、久司先生は、アメリカで何例もの同性愛、獣姦の人たちを、
食事指導によって改善してきたのだそうだ。


すごいねー。


 
posted by wako at 10:30| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビオティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

愛してるって言ってますか?




とかくセックスレスだなんだって騒がれがちな昨今。

出会い系だって、いろんな事件があるけど、それでも無くならないのは、
やっぱり家庭内で満たされない欲求を外で満たそうとする、
そういう人がたくさんいて、ニーズがあるからだ。

でも、所詮それはセックスに限ったこと。




体の欲求はそれで満たされても、気持ちは・・・



・・どうなんだろうね。




ということで、特に男性諸氏!

自分の奥さんや大切な人に、その気持ちを伝えていますか?


恥ずかしい、照れくさい、今さらそんなこと言えない、男がそんなこと言えるか!


・・などなど、いろんな気持ちが湧いてくると思うけど、
俺からすれば、ケツの穴ちいせぇなって感じだな。


男から言わなくて誰が言うのさ。


でも、上っツラなところだけで「愛してる」を連呼するのは、軽いし気持ち悪い。
言い過ぎもどうかなぁと思うけどね。




そこで提案。

大切な人に「愛してる」って言ってみませんか?



以下、過去に2ちゃんねるで存在した名スレッド、

「妻に愛してるといってみた」

その名言集を動画にしたもの。






どうスか?やってみませんか?



ただの肉欲じゃない、愛のあるセックスができるかもよ。
posted by wako at 16:19| Comment(9) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

性欲と陰陽のバランス。

思春期のころ、男は数秒に1回のペースでセックスのことを考え、欲情するという。


俺は幸いなことに、陰陽のタイプ別で言うと、多血型の陽性。
体は基本的に頑丈な作りなのだ。


山村先生には、

「わこうさんはアメリカ人です。」

と言われ、



マクロ美風さんに、

「わこうちゃんは、格闘技でもやって血を流すくらいの方がいいのよ。」

なんて言われた。わははー。




なので、思い返せば、子供のころの早い段階から性に興味を持ち、
幼稚園のころから、保母さんや、学校に上がれば、上級生のチチを触って、
先生にガッチリ怒られるという、まぁー、エロガキだった。


中学生のころ、あまりの異常性欲に、俺の頭はおかしいんだと本気で思いこみ、
意を決して友達に相談してドン引きされたくらいだ。



今、その頃のことを思い返すと、エネルギーを持てあまして、
まるで、「自分の身体」というジャジャ馬を乗りこなしきれないような感じ。


すごい短気で、かんしゃくを起こすことなんて茶飯事。
せっかちで、我慢できない、待っていられない。


そんな超陽性な俺でした。



まぁ、加齢という理由も大いにあるけれど、
最近、マクロビオティックで性欲が落ち着いてきたというか、
性欲が無くなったわけではなく、「いい性欲」に質が変わったような気がする。


いてもたってもいられない、
落ち着かないガチャガチャした気の性欲ではなく、
何か芯がドシッと1本入った、よどんでない性欲っていうか・・。


なんとなくわかるかなぁ・・。この感じ。



そして今は、その状態がとても心地いい。





今後、この状態は変わるかもしれないけど、
変わったから変わったで、またその状態を楽しもうと思う。
posted by wako at 19:31| Comment(3) | TrackBack(1) | マクロビオティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

冷えてる。

月に一度、望診法の山村慎一郎先生にお越しいただいて講座を開いている。
山村先生も、最近の不妊や、性欲減退について危惧していらっしゃった。



山村先生曰く、「現代人の身体は冷えている」と。
冷えると、生殖本能が低下していくと。

性欲減退なんていうとカッコいいけど、
ようは、セックスの意欲が無くなってしまうということだ。

セックスしたくなくなるなんて、もったいないよねー。




その原因が冷えだとしたら、なぜそんなに冷えるんだろう?


自分なりに考えてみた。



俺は昭和43年生まれ。

ちょうど俺たちの世代は、
●●スナックや添加物タップリのお菓子を食べまくった世代だ。

チョコレートも、子供の小遣いでも買える、チロルチョコや激安チョコ、
チュッパチャプスやうまい棒。

いやー、お菓子天国だ。

ペプシコーラが当時1本60円。ビンを返すと10円バック。
1リットルや2リットルの大容量コーラが登場したのもこの頃だ。


その他、カップラーメンが常食となり、そこにも大量の添加物。


そんな世代の俺たちが大人になって、社会人になっても、
外では缶コーヒーをがぶがぶ飲み冬でもアイスを食べている。

そのバランスを取ろうと大量の肉を食べるけど、
その肉にも砂糖タップリのソースやタレをかけて食べる。


マクロビオティックでは、砂糖は陰性。
添加物のような薬も極陰性。

まぁ、それがすべてじゃなくて、複合的な原因がいろいろあると思うけど、
やっぱり糖分と薬が冷やす原因になるんじゃないかなぁ・・。



じゃあ、なんでそんなに甘いものに偏ってしまうのかを考えると、
やっぱりストレスかなぁと。

大人は大人でぎゅうぎゅうの電車に揺られて出勤、
一生懸命働いても、年金が足りないだなんだかんだとプレッシャーばかり。


学校では規則で縛られ、遊ぶ場所も限定される、
ちょっとみんなの流れから外れると、奇異な目で見られる、
あれダメこれダメのがんじがらめ。

マンションに住んでる人は、
廊下やエレベーターにベタベタと注意書きばっかり、
テレビを見れば、脅迫まがいのCM・・・


ストレスが溜まらないわけないです!
(なんだか、きみまろっぽくなってきたなぁ・・。)


それを緩めるために、大量のお酒や甘いもの。

こんなんじゃあ、カラダだけじゃなくて、ココロも冷えていく。



冷えたココロじゃ、性欲も湧かないわな。




さあ!俺たちはこの社会をどうやって楽しくしていきましょうか。
posted by wako at 15:00| Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに。

マクロビオティックを始めてもうすぐ3年。

マクロビオティックのスクールやカフェを運営していますので、
たくさんの方々が今も通ってくださっています。


しかし、ある程度人間関係ができてくると、
食事や仕事、生き方だけでなく、
「性」や「不妊」の問題や悩みを抱えている人が
案外多いことがわかり、ちょっと驚きました。


俺に何ができるかはわかりませんが、
エッセイを通じて気づきや感じること、
また、東洋医学やマクロビオティックの観点から、
何か情報があったときに、このBLOGに書き殴っていこうと思います。


他にもいくつかBLOGを運営していますし、
テーマがテーマだけに、更新頻度はそう高くないと思いますが、
もしかすると、今後、
女性の立場から記事を書いてくれる人が増えるかもしれません。


いずれにしても、楽しんでこのBLOGを運営していきますので、
楽しんで読んでもらえたらうれしいです。


よろしくお願い申し上げます。
posted by wako at 12:20| Comment(2) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。