2008年08月26日

台湾のオタクくん2人が美女100人斬りに挑戦。


今、台湾のオタクくん2人が書く、
「百人斬り実行日記」と題したBLOGが人気沸騰してるみたいだ。


とはいえ、百人斬りと言っても、
街を歩く美女に声をかけ、一緒に写真を撮ってもらい、
その模様をブログにアップする、そんな「美女斬り」。


100.jpg
こんな感じで。

ソース元のトレンドGyaoによると、
片方の男子が9月から徴兵されることになり、青春の思い出作りにと一念発起。

7月からスタートして、20日間で71人との撮影に成功した。

しかも、タイトル通り、みんな美女なんだよー。すごいねー。



それが、台湾の大手メディアに紹介され、
現在このBLOGは爆発的なアクセスを誇っているという。

百人斬り実行日記はこちら。





話は変わって、以前このBLOGにこんな記事を書いた。


もっと振られろよ。


うまくいかない恋愛経験が、男を成長させて、人間の幅を作ってくれる。
それがいつか自信につながっていく。


このオタク2人組は、まさにそれを実践したわけだ。
徴兵に行くまでの思い出作りなんて泣かせるじゃないの。


彼らだって、結果的には71人との撮影ができ、
メディアが紹介してくれたという後押しがあってすごいアクセスに至ったわけだけど、
別ソースによれば、最初は失敗続きで、本当に難儀したらしい。


俺は台湾の言葉がわかんないけど、
彼らに寄せられるコメントには「勇気」という言葉が多いことから、
彼らの行動に勇気づけられた人も多いんじゃないかなー。




こういう、未知なるものに挑戦するという気概は、見習いたいもんだねー。

posted by wako at 20:21| Comment(1) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

獣姦と陰陽バランス。

え〜、久々の更新です。

更新ペースは遅いですが、日々ネタ集めは怠っておりませんよ。

あんまりいっぺんに書くとネタがなくなっちゃうので、
少しずつ小出しで書いていきます。(笑)



さて、久々にビックリ仰天ニュースがあったので抜粋する。

以前、獣姦についての記事を書いたが、
そのことを裏付けるようなニュースだ。




4年間で400頭にのぼる牛とセックスしていた53歳の男が逮捕されました。

この男は、ブラジルのAragoianiaに住む掃除夫、Getulino Ferreira Paraizo(53歳)。
供述によると、男は十代の頃にうけた性的虐待がトラウマとなり、人間の女性相手に一度は試してみたもののうまくいかず、以来獣姦にのめりこんでいったということです。

〜中略〜

また彼が牛を襲った現場には必ずといっていいほど、同じメーカーのクッキーの空箱が落ちていたのも逮捕への手がかりとなりました。



ネタ元 HEAVENさん




いやー、なんとわかりやすいケースだろうかねー。


事実関係はわからないけど、単純に考えて、
現場に必ずと言っていいほどクッキーの空き箱があったということは、
4年間で400頭の牛の数だけでも400箱のクッキーを食べたということだ。

すごい陰性だねー。


で、実は、上の抜粋文の表現が生々しかったので割愛したんだけど、
この人、獣姦した牛は、すべて殺害しているのだ。

いやー、恐ろしかー。


ということは、山ほどクッキーを食べた陰性のバランスを取ろうとして、
たぶん相当な量の、肉などの動物性食品を摂取したとも考えられる。


まぁ、どっちが先なのかわかんないけどね。




でも、ちょっと考えてみてほしい。

この人の場合は、獣姦という特殊なケースだから、事件となって表に出たけど、
最近の日本の食生活だって、ファーストフードもファミレスでも、コンビニ弁当でも、
相当量の動物性食品など極陽性の食べ物の氾濫と、
それとバランスを取るための、コーラや缶コーヒー、ジュースなど、
大量の砂糖の極陰性の氾濫。


あんまり変わんないよなぁ・・。


最近の秋葉原の事件なんかも、こういう陰陽バランスの崩れから来てるんだろうね。




ある意味、こういう事件を起こす加害者も、別角度で見ると被害者であるとも言える。

以前、本家BLOGにも、ファーストフードの恐ろしさを記事にした。

その記事はこちら。





だからこそ、食べ物の大切さをもっと訴えていかなきゃ!



と、そう決意させられた事件でした。

posted by wako at 23:35| Comment(1) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。