2008年09月20日

肉食と性欲。

え〜、久しぶりの更新です。
今日は、俺が実際に体験したことを書きます。


マクロビオティックを始めて3年あまり。


以前は、お肉大好きで、焼肉→ビール→焼肉→ビールで、
「カルビなんて女子供の食い物だ。」とか言って、
内臓肉やハラミなんかを食いまくっていた。

生肉も大好きだったし。



そんな俺も、最近はお肉を食べる機会はめっきり減った。



ところで、昨夜、古い友人ご夫婦の家に遊びに行ったんだけど、
樽で生ビールを用意してくれた上、ドーンと出てきた大量のトンカツ。

「ほれ!イッパイ食え!」 と。



下味もちゃーんとついている上に、絶妙な揚げ加減で衣がサクサク。

作ってくれたTさんの愛情をビシビシ感じ、
久ーしぶりに、ボタンがはち切れるくらい腹一杯トンカツをいただいた。


いやー、うまかったー。

つけ合わせのキャベツも腹一杯食べたこともあり、
排泄で頭痛とか出るかなぁと思ったんだけど、大丈夫だった。
やっぱり、心のこもったものはそういうもんだよねー。




さて、一夜明けて今日。


なんだか朝からムラムラ。

こう・・最近久しく感じなかったくらい、激しくムラムラ。



「おぉ・・ちょっとやべぇ。」とか思いながら理性で押さえる。

そのうち、玄米を食べたら、激しい性欲もなんだか落ち着いた。


なんだか自分が動物的・本能的になったみたいな感じだった。




思い返せば、マクロビオティックをはじめる前、
肉ばっかり食べていたときの自分もそんな感じだったなぁなんて考えていた。

なんだか短絡的にムラムラ・ムシャクシャ。


で、お酒だけじゃくて、お肉などの脂でも肝臓を痛める。

肝臓は「怒りの臓器」なので、マクロを始める前の俺は、
短腹で、すぐ何かに対して怒りがグワーッと。

頭に来ると黙っていられないんだよね。


で、人を威圧したり怒鳴ったり。

いやー、今思うと、ホント、社会悪だよね。ここまでくると。(笑)


マクロを始める前の俺はそんなんでした。





お肉を食べて、性欲が無性にグワーッと湧いてくるのもそうなんだけど、
やっぱり強い陽性のエネルギー。


でも、そのエネルギーが、こう・・無節操な感じっていうのかな・・。


それこそ、動物は本能で生きているわけで、
その動物的なエネルギーがグワーッと湧き上がってくるわけです。


ここで必要なのが、精神性という陰性のエネルギーでバランスを取っていくこと。
山村先生の本に、「お肉を食べるときは、たくさんの野菜を食べること」とある。


バランスを考えないでお肉を食べるときに、野菜や穀物を食べないで、
ひたすら肉ばっかり食べる生活を続けたあげく、陰陽のバランスが崩れて、
異常な性欲が押さえられず性犯罪に走ったり、
考えが短絡的・動物的になっていくんだろうなぁ。



なーんて、久々に湧き上がる激情を懐かしみつつ、(笑)
そんなことを考えていた。
ラベル: 性欲 陰陽
posted by wako at 17:19| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロビオティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。