2008年07月12日

人が丸裸になったとき。

 

俺は株をやらないからよくわからないんだけど、
昨今のサブプライム問題から端を発して、世界中に株の大暴落が起きて、
イギリスでは、ロンドンの金融街、シティで働くワーカーの人たちの、
給料やボーナスが大幅カットになって、節約ムードが高まっているそうだ。


で、そのボーナスカットに伴って、
離婚するワーカーが増えてるんだってさ。

実に5人に1人の割合で結婚が破綻、
10人に1人が、妻に逃げられるのではないかと心配していると。


日本でも、生涯雇用神話が崩れて、
リストラの不安にはらはらしているお父さんたちや、
実際にリストラされちゃって、
身の振り方を模索しているお父さんも少なくないと思う。



そんな話を聞くとき、俺はいつも思う。

本当に自分にお金も地位もなくなって丸裸になったときに、
そのときに一緒にいてくれる俺のパートナーはどう思うんだろーなーと。


容姿や素性、キャリアや収入「だけ」で結婚を決めた場合、
その奥にある、「その人そのもの」を見ないと、
やっぱり何かあったときには破綻してしまうよなぁと。


俺にはもともとキャリアなんて無いし、
最終学歴だって工業高校卒だ。

持ってる資格だって、
乙種4類危険物取扱者と、毒物劇物取扱責任者。(笑)

まぁ、大型とけん引免許があるから、
その気になればタンクローリーとか引っぱれるけど。



でも、前にも書いたけど、何ができるとかそんなことは、
俺という存在の一部に過ぎなくて、それがすべてじゃない。

大事なのは、「若生 貴大という人間そのもの」を、
受け入れてもらえるかもらえないか、というところだと思うわけです。


鍼灸のあべ先生と話する中で、
東洋哲学の「有機的全体思考」という考え方がよく出てくる。

「マクロ的視野」と同じで、
今表れている1ヶ所だけじゃなくて、全体を見たところから物事を考える。

そういうところから人を見る。
自分の人生を考える。


そのためには、自分の人間力を高めなきゃないし、
自分自身も、人を丸裸のところから見ていく。


いやー、言葉にすれば簡単だけど、むずかしいねー。


だけど、一生かけて取り組む価値はあるんじゃないかなぁと思う。



結局何が言いたいのかというと、
丸裸になっても魅力的な人間でありたいし、
上ッツラなところからじゃなくて、人の本質を見て付き合っていきたいと思う。


やっぱり、苦しいときこそ支え合えるような関係でありたいし。


そんな浪花節も、人間力があってこそ。





そんな人間になりたい。

 
posted by wako at 19:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

男の生理、射精。

 
男は女に比べて、体は黒く固くガッチリとし、陽性だ。

だから、内面にある、白い「精子」という陰性のものを、
外に出す、射精という陰性の行為をするのだそうだ。


一方、女性は体は男性に比べると陰性。
だから、「卵子」というとても陽性のものを体内に持っている。


それで男女の陰陽バランスが取れるのだという。




女性の生理現象として、「月経」があり、「排卵」というサイクルがある。


男の場合の生理現象は、やはり「射精」だ。


男の場合は、定期的なサイクルなんて無くて、
毎日でも、場合によっちゃ、1日に何回も射精できる。

だから、種馬のような陽性の強い男は、
陰性である精子をたくさん体外に放出してバランスを取るわけだ。


なんか、精子って「陰性〜ぇ・・。」って感じするよね。
ニオイもなんだか脱力系だし。(笑)



俺も初めて射精したときは、



「なんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」




って感じで、病気になっちゃったのかと思った。わははー。




で、射精の話になると、俺の小学校の担任の先生が、
昔話してくれたことを今でも思い出す。


先生曰く、夢精したことで、自分は病気になってしまったと本気で思いこみ、
自殺してしまった大学生がいたと。

その人の住んでいた部屋の押し入れから、
夢精で汚れた大量のパンツが発見されたんだって。



そこで、担任の先生が、

「もしもウチの担任のこの中から、
射精したことで、自分が病気になったと思うような子がいたらイカン。」

と、あえて性教育の時間を作ってくれたというわけだ。



今思うと、つくづくいい先生だなーと思う。



親子関係すら希薄だといわれている昨今、
家庭のオヤジたちは、キチンとそういうことを教えるべきだよ。
ちんちんの皮のむき方を教えたり。



と、ちょっと性教育を語ってみた。

 

 
posted by wako at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。